読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

富山市「すし玉」で富山湾の魚介を堪能してきた

 スポンサードリンク

f:id:looklooklook50:20160825005928j:image

安くて富山湾の魚介を満喫できるとウワサの「すし玉」に連れて行ってもらいました。

教えてくれた人の話で相当ハードル上げてたんで大丈夫かいな?と思いましたが、ハードルを飛び越える旨さでした。

富山(金沢にもあります)へお越しの際はゼヒ!駅前にもあるよ。

 

 

 

お店概要

 

すし玉☆廻る富山湾

住所 富山市婦中町下轡田165-1

電話 0120-65-1897

 

 

新鮮魚介でコスパもばっちり。 

f:id:looklooklook50:20160825010015j:image

かがやきセット(2000円)

けっこう空腹だったのでまずはオススメのセットを。12カンでこのお値段。日本海のウマいお魚、のどぐろなんかも入ってます。

 

f:id:looklooklook50:20160825005941j:image

ぶりかま(157円)

150円は関西人的にはお値打ちすぎる一皿。おかわりしました。

そもそもブリの寿司食べたことないかもしれません。ブリの照り焼きなんかは食べますが。すし屋で食べるのは出世前のハマチです。同じ魚のはずなのに、あぶらの乗り方が全然ちがいましたね!食べ応え抜群です。

 

※ご参考↓

temaeitamae.jp

 

 

 

 

f:id:looklooklook50:20160825005950j:image

白えび(399円)

富山湾でしか獲れないという白えび。初挑戦ですがこれもウマかった。

こぶ締めしてありますが「とろろこんぶ」みたいな薄い昆布で仕上げてあるのも初めてみました。

その地域でしか食べられない魚ってテンションあがりますよね。

 

まとめ

リーズナブルに富山の海の幸を楽しめるすし玉、オススメです。

平日は味噌汁無料とかもやってるらしいですよ!