読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

シルク・ドゥ・ソレイユのトーテム鑑賞。魅力は筋肉パフォーマンスだけじゃないんですね!

 スポンサードリンク

f:id:looklooklook50:20160714121758j:image

いやー、超人のスーパーアクションがすごかった!

大阪にやってきたシルク・ドゥ・ソレイユのトーテムを観てきましたよ!多少のネタバレも含みつつオススメしていきます。

 

 

 

トーテムって何?

「トーテム(TOTEM)」はカナダ発の多分世界で一番有名なパフォーマー集団「シルク・ドゥ・ソレイユ(Cirque du Soleil)」が世界各地を巡りながら行っているショー。

 

日本公演は2016年2月3日から東京で行われ(もう終了しました)、大阪、名古屋、福岡、仙台と順に公演される予定です。

地域公演場所公演期間
大阪 中之島ビッグトップ 2016年7月14日(木)~10月12日(水)
名古屋 名古屋ビッグトップ 2016年11月10日(木)~2017年1月15日(日) 
福岡 福岡ビッグトップ 2017年2月3日(金)~3月19日(日)
仙台 仙台ビッグトップ 2017年4月6日(木)~5月21日(日)

 

 

 

魅力①目を疑う超絶筋肉パフォーマンス。 

筋骨隆々な男女が出てきて、常人にはマネできない超絶パフォーマンスを披露してくれるわけですが、正直ブログの文書で紹介するには向きません。

文字を見たり、話を聞いても「?」となります。

現物を見ないと状況やそのスリルが理解できないレベルに人間離れしてるんですよ。

 

いちおう一部を列挙すると

 

  • ローラースケートを履いた男女がスピンしながら男が女を首でジャイアントスイング女はきりもみ回転。
  • メインイメージにも使われてるカエルくんがみんなでタイミングを合わせ、1ペアの段違い平行棒大人数大車輪。
  • 肩に担げるぐらいのバーを2人が支え、その上で1人がめっちゃ細い一本橋の上でトランポリン芸。セーフティーマットは無し。
  • イナバウアーしてる人のうえで別の人が逆立ち。

ね?いい感じに意味わかんないでしょ?ぜひ現物を見てください。

 

あまりにも自分で書いてて意味わかんないので公式youtubeの演目紹介を探してきました。

雰囲気伝わるでしょうか?でもそれぞれのパフォーマンスの一番いいところは載ってないので、じっくりテント内で鑑賞しましょう!

 

 

魅力②濃いめのキャラクターに魅了される

筋肉もすごいんですが、クラウン(いわゆる道化師)も魅せられます。

 

  • マギー史郎的なナメたパフォーマンスを見せるカカシっぽい男
  • 真面目・イケメン風な全身赤い闘牛士
  • 例外的にしゃべる(胡散臭い日本語+イタリア語)お調子者のイタリア人

 

いずれも幕間に出てきて強烈な印象を残していきます。

人を笑わせることを生業とするだけあって、言葉を使わなくとも観客の注目を引いたり、笑わせることができるテクニックは一流の一言です。

 

同じくサーカスが主題の漫画「からくりサーカス」で出てくるゾナハ病(※人を笑わせないと呼吸困難になる奇病)にかかっても、この人たちは大丈夫でしょう。

 

魅力③非日常空間に引き込まれる衣装と舞台と光

筋肉と道化師のパフォーマンスを会場全体で輝かせてる工夫が随所に。

まずは舞台衣装。カエルくんが着ている極彩色の全身スーツから、アメリカ先住民族風や、「猿の惑星」顔負けの特殊メイクで猿になりきってたり、またトロン風?ダフトパンク風?なサイバーな感じの衣装のキャラが出てきたりと相当に独特です。

舞台そのものも段違い平行棒付きのドームや、ポケモンの「イワーク」っぽく稼働するステージなんかがめまぐるしく入れ替わります。さらに複数のプロジェクターによって舞台に水やマグマが表現され、(しかも人がいるところはちゃんと水の流れが変わったりして。どーなってんだ?)もう目が離せません。

 

これらがパフォーマンスの人間離れ感をさらに高めて「これ本当に人間がやってんの?」と何度も疑ってしまいました。

 

 

ひとこと鑑賞アドバイス。

・インスタグラムでパフォーマーが舞台裏や練習風景を魅せてくれます。

 タグや位置情報で検索すると、パフォーマーの方のパーソナルアカウントがけっこう出てきます。たゆまぬ努力で超絶技能は磨かれてるんだなぁとか、大阪城見てはしゃいだりしてんだなぁ、とかが見れます。

・席はグレードより舞台に近いかどうかが大事。

 映画と違って基本的に近いほうが迫力タップリです。私はA席(舞台の真横)でしたが、前から4列目なのでなかなかの迫力でした。

・けっこうテント内寒いです。

 冷房がガッツリ効いてるので、夏用のスラックスと長袖シャツでは肌寒い感じ。飛行機みたいにブランケットを貸してくれますが数は多くないようです。女性はカーディガンなんかの羽織物があったほうがいいかも。

チャイルドシートの貸し出しあります。

 といってもファミレスなんかである分厚い座布団みたいなやつですが。チビッコもこれで安心。

 

まとめ

筋肉だけじゃないトーテム!

非日常で独特な世界にタップリ浸かってみませんか?

私みたいに人に話したくなりますけどうまく伝えられないという体験、なかなかありませんよー!

 

あと、からくりサーカス読んだけどサーカス実物見たことない人にもオススメ。なんだか世界観似てるんですよねー。アルレッキーノパンタローネっぽいの出てきますし。