読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニトスキ】グリップはレザーとシリコンの2つ使っています

 スポンサードリンク

f:id:looklooklook50:20160620075827j:image

スキレットは握りも鋳鉄製なので、加熱したらめっちゃ熱いです。

素手で持てない熱さになります。

そこでグリップやらミトンやらを使うわけですが、私は今のところ2つを使っています。

 

 

 

 

1.IKEAのシリコングリップSTINN

f:id:looklooklook50:20160608224419j:image

赤いやつです。
 
店で触ってみたときはシリコンが薄くて若干不安でしたが、実際に使ってみると、熱を伝わりにくくする模様みたいなデザインが効いているのか、実用性は十分です。
あ、実用性といえば「洗えるところ」も注目ポイントです。革製にはできないお手軽さで清潔さを保てるのは以外と大事ですよ!
 
赤いカラーリングがやや女子向け?いえいえ自分の家のキッチンで使うレベルはこれぐらいのほうがいいんですよ。
税込399円の安さもイイ感じです。 
 
 
 

2.CHUMS×GRIP SWANYのレザースキレットハンドルカバー

そして雑誌famの付録のチャムスとグリップスワニーのレザー製のもの。イケアのものとは一転、男前なデザイン。アウトドア感出ますねぇ。
 
f:id:looklooklook50:20160608224708j:image
2016年3月に出た雑誌なので、もう見つからないかと思いましたがネットで見つけました。
 
このグリップ、四角形のデザインですが、このうち3つの角にスナップボタンがついて、2カ所には指を入れられるポケットがあります。
 そのまま使えば鍋敷き替わり、対角線上のスナップを閉じれば大きめの鍋つかみに、隣り合うスナップボタンを閉じればよりタイトめな使い方もできます。
器用貧乏感はありますが、どれもまぁまぁの使い心地。まぁデザイン重視ですかね。
 
 

まとめ

小物はいくつあっても楽しいですよね!
本格的なグリップやレザーグローブがなくてもスキレットライフ満喫できますよ! 
 
 
スキレット関連記事