読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【ニトスキ】男料理!ジューシーチキンソテーを食す

 スポンサードリンク

 

f:id:looklooklook50:20160608204921j:image
ニトスキ導入したので二回目の使用!
鳥モモ肉を焼いてみました。チキンソテーです。適当なのでオシャレ感は皆無です。
うまかったけどね!
 
 

材料

  • 鳥モモ肉 1枚
  • ニンジン 1/2本
  • オリーブオイル 適量
  • チューブにんにく 適量
  • 塩こしょう お好みで
  • ポッカレモン 数滴
 

1.調理開始!肉が大きすぎる!

加熱したスキレットに油(オリーブオイルにチューブにんにくを混ぜたなんちゃってガーリックオイル)をひいて、鳥モモを投入。

f:id:looklooklook50:20160608204815j:image

いきなり不安な図。ニトスキ(小)に鳥モモ370グラムはギリギリすぎました。ミッチミチです。多くても300グラムぐらいでいいのか・・・
 
スキレットの底がブクブクしてるのはガーリックオイルです。
(鳥モモを放り込んだときに油が跳ねて軽くヤケドしました。ご注意を!)
 
皮のあるほうを下にして中火で2分ちょい、その後ひっくり返したところです。
ガーリックオイルでちょっと揚げたみたいになってますが、これはこれでアリ。
パリパリ感を期待しましょう。
ここで適当に塩コショウを振ります。
 
皮のないほうもこのまま2分ぐらい焼きます。
そうしたらもう一回ひっくり返して蓋をし、弱火で加熱します。
 
 

2.ニトスキ2枚でフタ代わり調理

f:id:looklooklook50:20160608205348j:image
今回はニトスキの2個目をフタがわりに使用しました。
食材の水分を保ちつつ調理ができる!・・・といいんですが。
 
ニトスキだと∩(注ぎ口?)の部分があるので完璧に密閉はできませんが、
いい感じに蒸されているのか、そこから湯気がムクムクでてきます。
適当料理なので大体これも3分ぐらいで終了。
 

3.完成!

 

できました。

添えてあるニンジンはカットしてからレンジで蒸しました。

シリコンスチーマーのルクエに水を少し入れてから500Wで2分半チンしてスキレット調理中ずっと放置してたもの、です。

サッパリいただくためにポッカレモンを数滴たらします。

ホントはスライスしたレモンが乗ってたりするとオシャレかもしれませんね!

(トリとニンジンしかない料理でオシャレもなにもあったもんじゃないですが)

肝心の火加減ですが、カットしてみて確認。

うーむ、中心がミディアムレア気味です。

生焼け感はありませんが、もう少しフタして加熱する時間を長めに取ったほうがよかったかも。 

あれか、スキレットに投入する前に熱を通すための切れ込みとかいれといたほうがよかったのか。

 

・・・こまけぇことはいいんだよ!

味はグッドだったんだから!

今回の調理では皮パリ肉ジューシーなチキンソテーに仕上がったと思います。

370グラムもトリ食べるのはちょっと荒行でしたが。

 

 

作ってみた感想 

適当にやった割にはまずまず食えるので、精進してもっとクオリティあげていきたいと思います。肉のサイズを小さめにして、添える野菜類を増やせば男料理感も薄れるでしょう。(マッシュルームとかズッキーニとかね) 肉料理にはやっぱりスキレットいいですね! 
 
 
関連記事

スキレット買った話⇒

ついについについに!スキレットデビュー!肉がウマい!

スキレットグリップの話⇒

グリップはレザーとシリコンの2つ使っています

炊飯器で簡単ローストビーフの話⇒

クリスマスにローストビーフ自作した