おむつ用ゴミ箱に無印20Lサイズのものがシンプルで快適だっていう話。

 スポンサードリンク

f:id:looklooklook50:20170816210200j:image

妻子が里帰り終了してから1ヶ月ちょい、今までおむつ用ゴミ箱を用意していませんでした。

台所の大きいゴミ箱を使ってみたり、ベビーベッド横にビニール袋を置いて直接放り込んだりと場当たり的にしのいで来ましたが、いよいよ買いました。無印のゴミ箱。その名もフタが選べるダストボックス・小です。シンプルでそこそこ機能的、気に入っています。おむつ用じゃなくて寝室用にもう一個買おうかしら。

 

オムツ用ゴミ箱を選ぶ条件

たかがゴミ箱ですが、使用済みオムツを放り込むので衛生面や臭いを考えると以下のような条件はクリアしたいと考えました。

  1. まだ臭わないですが、そのうち醸し出してくることを考えるとフタつきがマスト。
  2. 週2回の燃えるゴミで出すので15-30Lぐらいの容量が望ましい。
  3. そんなに値段が高くない。

 

正直ゴミ箱にコストかけられるか!という思いがありまして、
100均のダイソーやキャンドゥなんかで探し回りましたがなかなか見つからず、
300均の3coinsは近所にないという状況。
ああいうとこでフタ付きの落ち着いた色のがあればいいのに。

 

導入した無印のダストボックス

色々見回って買ったのがこちらです。

f:id:looklooklook50:20170816210426j:image

フタが選べるダストボックス・小別売りの横開きのフタです。 
お値段合わせて1700円。

縦開きと横開きが選べるのですが、ベビーベッドの横に置くことと、縦開きはフタの稼働範囲が大きくなってしまうのが気になったので横向きをチョイス。

f:id:looklooklook50:20170816210431j:image

鉄製の袋留めが付いています。袋のフチを金具につけた状態でゴミ箱本体にカチッとつけます。

 

サイズ感は細長いちょっと大きめなゴミ箱でしょうか。

f:id:looklooklook50:20170817001839j:image 500mlペットボトルとの比較はこんな感じです。

 

条件の2つめにあった容量も20Lなのでクリアしました。うちの息子のおむつサイクル的にもちょうどいい感じです。スーパーなんかでもらえる大きめ袋が使えるのも便利ですね。

 

カートリッジ式専用ゴミ箱はそこまでいらないかな。

たまひよなんかの育児雑誌には「カートリッジ式専用ゴミ箱が便利!」なんて広告やレビューが載ってます。 

こういうのです。
カセットやカートリッジを仕込んでおけば密封・消臭・抗菌!っていうスグレモノですが、
交換用カートリッジ等のランニングコストが気になることと、なんだか大げさすぎるので我が家では選択肢に入りませんでした。

 

とはいえ1才の子供がいる友人から「離乳食始まったら大人のウンコと一緒の臭いするで」とアドバイス(?)されたし、臭いには警戒しています。

 

消臭はコーヒー粉で対応します

そんな訳で我が家の臭い対策としては、部屋に空気清浄機を置き(もともとあった)、飲んだ後のコーヒー豆を再利用して消臭剤にしてみています。
スタバのトイレにも置いてますよね、使用済みコーヒー豆の入った麻袋の消臭剤。

f:id:looklooklook50:20170816235204j:image

うちも最近ビアレッティのモカエキスプレスでインスタント以外のコーヒーも飲み始めたので、コーヒーがらが発生しています。

乾かした粉をキッチンペーパーに包んでゴミ袋に投入しています。

 

息子のオムツはまだそれほど臭わないんですが、やっぱりゴミ袋を取り上げるときはモワっときます。

これがコーヒー粉を入れてから軽減されました。さすがに無臭とはいきませんが、意外と効果あるのね!

 

まとめ

意外と奥の深いオムツ用ゴミ箱。
無印のゴミ箱はシンプルかつ低価格で我が家にはちょうどよかったです。