読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

"チプカシ"ことCASIO A158WA。一生モノの対極がカッコいい。

 スポンサードリンク

f:id:looklooklook50:20160815005159j:image

(2017/2/4更新)

ついに手を出してしまいました。チプカシです。
モデルはメタルバンドのA158WA。

登山に行くのをきっかけに、近所のドン・キホーテで1000円弱で購入。
信頼できる道具として、私の新しい相棒です。

 

道具として、ひとつの究極のカタチ

もう30歳にもなると友人の間で出てくる有名ブランドの「一生モノの時計」の話。幸いにして結婚指輪のお返しで私も一本持ってます。

そういう高級時計の真逆にある「道具としての究極のカタチ」として、チープカシオの魅力はあるように思います。

 

装甲騎兵ボトムズのロボット、AT(アーマードトルーパー)の魅力は、無造作に乗り捨てられる「消耗品としての武装」扱いにあるそうです。このハードボイルドな設定にシビレるファンがいっぱいいるとか。

※私は1話しか見たことないんですが

 

このATとチープカシオ、「消耗品という扱い」に似た魅力があるように思います。

f:id:looklooklook50:20160815005220j:image

ちゃちいブリスターパック入り。
ホームセンターの目覚まし時計コーナーの横に無造作にぶら下げてあるのがまた「消耗品」というキャラ付けに一役買ってます。

(もっとも最近はブームが来ててなかなか置いてなかったりもするんですが)

 

さてさて、アクティビティなんかのときガンガンつけて行きましょうか。

こんな感じで。

それでついたキズもまた愛し、です。たぶん。