読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

今の仕事以外の可能性を考える時の本3選

 スポンサードリンク

f:id:looklooklook50:20170430125318j:image

今の仕事、好きなわけです。天職かどうかはともかく、大好き。
でもこの仕事以外の職業や収入ってありうるの?と考えてみることがあります。
色んな可能性を自分の中でシミュレーションしてみるおくことで気が楽になって、結果今の仕事も捗るってスンポーです。

今日はそんな時に読んだ本をご紹介します!自分のポテンシャルを信じて、心をゆるく保ちましょう。

自分を追い詰めないために可能性を作る

今の仕事以外のことを考える場合、様々な視点がありますよね?
私の場合は、クビになったってなんとかなるじゃんと安心するために他の可能性を考えます。

仕事が忙しくなったり追い詰められても、事前に他の道の可能性を考えておけば大丈夫。最悪でもクビになるだけやん、別に人生真っ暗じゃないやんと考えることができるためです。

 

タマゴを同じカゴに入れるな、とは有名な投資哲学のひとつですが、仕事についてのスタンスも同じです。この仕事しかない!とか思っちゃうとそのカゴがひっくりがえったらパーですからね。
変な意味で目の前の仕事に執着しすぎない方が生き方や仕事のパフォーマンスが高まります。

 

自分の可能性を探るために本を読んでみた3冊

1万円起業

副業をやってみるとしたらってことで1万円起業って本を読みました。
ローコストな起業でも経済的に成功を収めることはできる事例をまとめています。
アメリカの本なんで日本で通用するところしないところはありそうですけど。

 

仕事は楽しいかね?

Amazonプライム会員は月一冊Kindle本タダなので読んでみた本。
何が成功するのかは誰にもわからないので、いろんな可能性に挑戦し続けることの重要性を説いた本です。
試してみることに失敗はないというスタンスは常に頭に置いておきたいですね。

 

写真で食べていくための全力授業

写真を撮ることが好きだけど、これ職業にしてる人ってどうやってるの?へのわかりやすいアンサー。
カメラマンと写真家の違いについても触れられている良書です。
ただいい写真を撮ってるだけで食ってくのは大変だ。求められるものは多いです。

 

まとめ

今の仕事は好きだけど、それ以外の選択肢ってないのかな?とは誰もが考えること。
私は自分の仕事が好きであるゆえに他の可能性についても十分考え続けたいと思います。
ヨソでも通じるノウハウや考え方は今の仕事にも生きてきますしね!
そんなためにも、ここで挙げたような本を探して読んでいきたいですね。